• ホーム
  • SEO対策のメリット・デメリット

SEO対策のメリット・デメリット

パソコンとノート

SEO対策の結果で生まれるデメリットは、ほとんどないといっても過言ではありません。一昔前と異なって、Googleは度重なるアップデートを行った結果、中身のないコンテンツを排除する傾向にあります。つまり、ユーザーにとっての有益な情報とGoogleにとって有益な情報がマッチする可能性が高くなりました。これは、SEO対策を考えていく上で非常に重要なポイントです。

従来までは、Googleへの働きかけだけで良かったためコンテンツを考慮しなくても検索エンジンの順位を向上させることは簡単でした。この場合、中身のないサイトが検索順位の上位に表示されることもあったため、ユーザーはそうしたサイトにやってきて迷惑を被るという事態もありました。当然、このような行為をユーザー側が繰り返すとまともに検索エンジンが機能しなくなります。

Googleは、意図的にこういった悪質なユーザーを排除するためにアップデートを繰り返しました。その結果、現在では検索順位の上位に表示されるサイトはほぼ例外なく良質なコンテンツを有したサイトのみとなっています。つまり、SEO対策を行う上でユーザー側も検索エンジン側もデメリットがほとんどなくなったといえます。

言い換えると、従来まで存在していた中身のないサイトを検索エンジンの上位で閲覧する機会が、圧倒的に激減したことを意味します。特に、マーケティングを行うときにはSEO対策上で生まれた中身のないコンテンツの影響で、自分のサイトの評価が結果的に落ちてしまう可能性も否定できませんでした。

一方で、現在ではマーケティングの一環としてSEO対策を行う企業はものすごく増えています。これは、SEO対策を正しく行えばその評価に基づいて検索エンジンの上位にそのまま優良なサイトが表示されるというメリットが生まれたからです。この場合、特定のキーワードを打ち込んで上位表示されるサイトは、そのまま情報量が素晴らしいサイトであるとユーザー側もすぐに判断できます。SEO対策を利用して、より多くのユーザーを簡単にかつ確実に誘致できるようになりました。

また、SEO対策を行う過程で不審な点があったとしても検索エンジンのアルゴリズムによって自動的に悪質なサイトが排除される仕組みへとシフトチェンジしてきています。それまでは、ユーザー側が自力で判断しなくてはいけなかった部分も、検索エンジンのアップデートで選別が簡単になりましたので、正しい対策をする限りではSEOにはメリットしかないといえます。

サイト内検索
人気記事一覧