• ホーム
  • SEOの外部対策について考えましょう

SEOの外部対策について考えましょう

SEOにおける外部対策は、そのほとんどが被リンク対策です。被リンクは、良質なものほど評価が高くなる傾向がありますので、質を意識した獲得を目指さなくてはいけません。それだけではなく、他のSEO対策と比較しても効果が高くて持続しやすい傾向があります。少なくとも、良質なコンテンツを有しているものを獲得した場合には、それだけで大きなSEO効果を期待できます。

実際にGoogleは、被リンクの評価の基準を頻繁にアップデートしています。被リンクは、Googleの特性を考慮してもサイトの評価を正しく判断するための基準として考えられているからです。元々、被リンクは外部のサイトからユーザーが入ってくるようにURLが張られている状態のことを指します。つまり、一般的な相互リンクのようなタイプのものとは一線を画していることがわかります。

相互リンクの場合は、お互いにリンクを張り合っているため既存ユーザーの交換を行うことができ、アクセス数のアップなどにも貢献できます。一方で、被リンクの場合はリンクが片方しか存在しないため、形としては一方通行でユーザーがやってくる仕様に検索エンジンからはみえます。一方的にユーザーがやってくるサイトには、当然それだけ良質なコンテンツが存在していると考えるのが普通です。そのため、被リンクは評価の基準として非常に大切だとGoogleも考えています。

他と比較しても、例えばキーワードの選定を行ったときと比較して効率性が高いことがわかります。キーワードの選定によって評価を与えられる場合、ゆっくりとその効果が発揮することになりますので、その効果を実感するためには数ヵ月の時間が必要になることがほとんどです。ゆっくりと順位が上がってきますので、気づいたときにはアクセス数が一気に伸びています。

一方で、被リンクの場合は普通に獲得をしたとしても最短で1ヵ月程度でSEO効果を発揮します。順位の変動が激しく、一気に上位にいくことも珍しくありません。これが、外部対策の大きな魅力です。

重要なのは、被リンクを獲得するときに必ずツールなどを使って良質なコンテンツを厳選することです。言い換えると、あまりにも獲得先のコンテンツの中身がない場合にはそういったサイトは排除しても構いません。こうした外部対策の管理は専用のツールが提供されていますので、最高の評価を与えられるように必ず厳選してより良いものを獲得するように心がけることです。

サイト内検索
人気記事一覧