• ホーム
  • HTMLタグのチューニングをしましょう

HTMLタグのチューニングをしましょう

つくえの上にあるパソコン

SEOには、内部対策と呼ばれるHTMLに関連する対策が存在します。これは、Googleの性質を理解した非常に有効な対策として重宝されています。サイト内部をチューニングすると、それだけで検索エンジンから高い評価を得られるようになります。これは、検索エンジンがソース上の情報を参考にして評価の判断をすることと関連しています。必要な部分だけをチューニングすれば良いので、複雑な操作が実は必要ではないという利点もあります。

例えば、ディスクリプションはとても大切です。ディスクリプションは、Google検索上に表示される概要を記すためのものです。これはGoogleに対して評価を渡すだけではなく、直感的にユーザーにどのようなサイトであるのかということを伝えることができるメリットがあります。

また、Googleに対してはとくにtitleタグやh1タグも大切です。titleタグに関しては、当該コンテンツがどのような情報であるのかということを簡潔に主張することができます。サイト内部の構成は、ほとんどの場合は階層でできています。全てのページで同じ情報が共有されているわけではないため、コンテンツを作ったときにはそのコンテンツがどういった情報であるのかを主張する必要があります。それを可能にするのが、titleタグです。

h1タグはもう少し複雑ですが、重要性は変わりません。h1タグは、いわゆる見出しを付けるときに最も重要なタグです。一般的に、ページでコンテンツを作るときにはページのどの部分に重要な情報があるのかを見出しでチェックしていく必要があります。実際に、検索エンジンは見出しの中でもh1タグに含まれているテーマを最も重要視することがわかっていますので、ここに特定のキーワードを組み込んでおくと評価が向上します。

内部対策は、HTMLの知識が不可欠になります。しかし、タイトルや見出しに関しては初心者でも難しくありません。無料のサイト作成ツールの中でも、タイトルや見出しに関しては自動で挿入してくれるものが非常に多いです。テンプレートも提供されていますし、扱うだけならば誰でもできます。それだけ、SEO的にも注意をしなくてはならないポイントだといえます。

SEOの場合は、特に間違ったタグを使ってしまうと正しい情報を検索エンジンに渡すことが難しくなります。しかも、一度渡した評価を後から覆すことは難しいので、万全な内部対策を行いながらコンテンツを充実させていく必要があります。

サイト内検索
人気記事一覧