• ホーム
  • 良質なコンテンツを増やすには?

良質なコンテンツを増やすには?

良質なコンテンツの考え方は、それぞれの対策で大きく異なります。例えば、SEO的に内部対策としてコンテンツを充実させることを考えるときには、サイト全体の評価を向上させるように工夫をしなくてはいけません。簡単なところで述べると、定期的な更新作業です。検索エンジンは、情報を常に発信しているサイトに高い評価を下しますので、内部対策として更新作業を行っているページは良質なコンテンツを提供しているといえます。

また、コンテンツを記事であると定義するのならば記事を作成するときに重要なテキストの条件を満たしているのかなどを考えることも大切です。もちろん、機械的な文章を大量に書いても意味がありませんので、オリジナルのものになっているのか、そしてキーワードの選定なども行われているのかを考えることです。記事の良し悪しについては、アクセス数や検索順位に長期的に影響を与える可能性が高いため注意が必要です。

ただ、忘れてはならないのはユーザーへの配慮です。良質なページは、例外なくユーザーの直帰率を下げることができる情報で構成されています。一見してつまらないと感じるようなページでは、当然検索エンジンからの評価も期待することができませんので検索順位も落ちます。ですから、アクセス数を安定させる目的でもユーザー目線での情報を提供することが重要です。

一方で、外部対策として良質なコンテンツを大量に獲得したいと考えている場合には、良質なナチュラルリンクを増やすことを考える必要があります。被リンクにおける良質なコンテンツの考え方は単純で、自作自演ではないものです。通常の内部対策ができていればそれで十分であり、それ以外に関しては短期間で大量に内部対策を生産しているようなサイトを避けておけば間違いありません。これは、ドメインの利用歴を確認しておけば一目瞭然です。

特に、独自ドメインで作成されている外部サイトには、中古ドメインが利用されていることも珍しくありません。中古の独自ドメインで作成されたサイトを被リンクとして獲得しておけば、それだけで良質なコンテンツを獲得したと検索エンジンに判断してもらえます。

SEO的に良質なコンテンツを考える場合と、ユーザーに配慮したコンテンツを作る場合ではものの考え方が全く違います。特に、ユーザー目線の場合にはユーザーの価値観にも左右されることになりますので、どの層をターゲットにしているのかを明確にしながら内部対策を実施することです。