• ホーム
  • 内部リンクを最適化させるためには?

内部リンクを最適化させるためには?

Webサイトは、いくつかの階層に分かれて存在していることが普通であるため、その階層を作ることから始めなくてはいけません。これは、コンテンツを検索エンジンにわかりやすく伝える作業であるともいえます。実際に、この階層の考え方はSEOでの上位表示の達成や内部リンクの最適化に最も重要なポイントになっています。

Googleの巡回ロボットは、人間と違って言葉の意味を正確に理解できません。例えば、特定のページに誘致したい場合には、人間であるユーザーには次のページを表示するための内部リンクを準備しておけばそれで問題ありません。後は、そのクリックをユーザーが押すかどうかを判断します。ところが、検索エンジンの巡回ロボットにはその指示がわかりません。そのため、情報を登録するためのインデックスができず、そもそもクロールそのものを行うことができなくなります。

こういった問題点を解決するためには、独自にサイトマップという階層を作る必要があります。ソース上から見て、現在どの位置に検索エンジンの巡回ロボットが存在するのかを教えることになります。こうすることで、内部リンクも最適化されて正しいクロールをしてくれます。

また、検索エンジンの上位表示を考慮するのならば似たような対策としてパンくずリストというものも重要になります。これは、Google側に対して上位の階層となるページを簡易的に教えることができる非常に便利なものです。Webサイトは、階層ごとに分かれていますのでサイトマップとは別に上位の階層がどこに存在しているのかも宣言しなくてはいけません。これを行うことができるのが、パンくずリストです。

サイトマップやパンくずリストを作ると、Googleに対してサイトの情報がどこに存在するのかを明確に伝えることができます。つまり、正しい評価をしてくれるようになります。巡回ロボットは万能ではありませんので、Webサイトを作っている方から意図的にわかりやすい情報を伝える作業が必須です。実は、SEO対策もその一環です。わかりやすい情報を正確に伝えることができれば、それだけスムーズに評価の受け渡しが済みますので、他のWebサイトと比較しても高く評価してもらえます。

実際に、一度インデックスされた情報は意図的には削除されないので、良い意味で蓄積されていきます。そういったデータが最適化によって整理されたコンテンツを含めて評価されますので、内部リンクを考えることはとても重要だといえます。