• ホーム
  • 中古ドメインでサイトを作るメリットはあるのか?

中古ドメインでサイトを作るメリットはあるのか?

パソコン

サイトを作成するときには、インデックススピードとページランクの2つのポイントがとても大切になります。サイトは、作成するとそれに応じた評価であるページランクを受けとることができます。ただ、その評価を受けとるためには検索エンジンが正しい情報を取得する必要があります。

インデックススピードとは、検索エンジンが情報を記憶する速さのことです。SEO対策は、実行してすぐに効果を発揮するのではなく、一定の時間が必要になるケースがほとんどです。これは、検索エンジンが評価を判断するための情報を収集するのに時間がかかってしまうからです。

特に、GoogleはSEO対策に質を求めていますので、短期的に大量にSEO対策を実行するようなサイトを信用していません。そのため、客観的に見ると評価が上がるような対策をしているのに、実際にはGoogleからの評価を見てみると、逆に検索順位が落ちてしまっていることもあります。つまり、サイトの評価をしてもらうためにはそれだけ時間が必要になるということです。

これは、新規のドメインを利用する限り一般的なサイトだけではなくサテライトサイトのような衛星サイトであっても同じです。そして、こうやって慎重に評価を判断された先に、各々のページランクが付けられます。

ただ、1つだけこのような時間的な問題を解決できる手段が存在します。それが、中古ドメインと呼ばれる古いドメインです。中古ドメインは、利用されている歴史が長いことを意味するため、古くなって使えなくなってしまうようなものではありません。もちろん、中古ドメインの中にも悪用してドメインの価値が悪くなっているものも存在します。ですから、ドメインの運用歴は必ず確認しておく必要があります。

中古ドメインのメリットは、サテライトサイトなどの汎用的なサービスにも簡単に適用することができる点にあります。普通、SEO対策ではコンテンツの充実やキーワードの選定によって地道に効果を上げていくことが求められます。

しかし、中古ドメインの場合は過去に検索エンジンからの検索歴が存在しますので、それだけ評価が高い状態のままドメインの情報が保存されているという利点があります。つまり、中古ドメインを使うとそれだけで検索順位が上昇する可能性が上がります。良質なコンテンツやキーワードの選定をしても時間がかかりますが、中古ドメインを利用するとその時間の短縮にも繋がるため、効率性が大きく向上するメリットが生まれます。

サイト内検索
人気記事一覧