News
パソコンと木の鉢

SEO対策は、Googleなどの検索エンジンの評価基準を最適化する対策です。言い換えると、検索順位を向上させるための対策として実施されます。一般的なサービスと異なって、自主的にユーザーが実践することに特徴があります。

SEOとは、検索エンジン最適化を意味する言葉で、その名前の通り検索エンジンの検索順位をWebサイトを運営するユーザーの都合の良い方向に細工していくことを意味します。実際にユーザーにとって有利な情報を検索エンジンに意図的に渡すことを、Googleは正式に認めています。そのかわりに、どのような手段を用いても良いというわけではなく、いくつかのルールを設けてそのルールに従う限りはSEOを許可するという条件を付けています。

まず重要視されているのが、良質なコンテンツの存在です。ここでいう良質なコンテンツとは、単純に中身があるコンテンツを指すわけではありません。Googleにとっても有益であると判断できるものが求められます。

例えば、単純にアクセス数を伸ばしても実はSEOにはあまり大きな影響を与えないという特徴があります。これは業者などのサービスを使って中身のないWEBサイトにアクセスを集中させても、Googleはそのようなサイトが自作自演で作られたものであると見破ってしまうからです。ですから、地道な手段でGoogleに良い影響を与えるように工夫をする必要があります。

具体的には、コンテンツをわかりやすくGoogleに伝える必要があります。最も簡単な方法が、タイトルの付け方を変えることです。タイトルの付け方は、実はGoogleが最も重要視しているポイントでもあります。ユーザー側がSEO対策として情報を発信するときには、どの部分を最も検索エンジンに対して主張したいのかを宣言することが大切になります。この時にわかりやすいのが、タイトルを主張することです。

SEO対策上では、タイトルを主張するときにタグを利用します。つまり。ソース上に存在している情報に細工をすることで、検索エンジンにもわかるように情報を伝達することになります。上位表示を目指すのならば特にで、ユーザーの目線からもわかりやすいタイトルである必要があります。これは、ユーザーもタイトルと概要分を見てサイトの閲覧を決めるからです。

また、同じようにタイトルにはキーワードの選定も重要です。大手のサイトで使われているキーワードではなく、検索エンジンに検索してもらえるキーワードを意図的に選定します。こうすることで、一見すると大手のサイトには勝てない仕様にみえても、容易に上位表示ができるようになります。弱小のWEBサイトでも上位表示できるのが、SEOの最大の魅力です。